マネージャーってなんでしょう

Twitterでマネージャー業の募集をよびかけました。

たくさん連絡いただいたんですが、僕の書き方の問題もあり、ちょっと真意が伝わらないところがあったかと思います。

ところで、マネージャーってなんでしょう?

今、一般企業でもマネージャーという言葉は使われるようになっていて、そこでいうところのマネージャーという役職はある部門を管理する人を指すのが一般的だと思います。

英単語「manage」の本来の意味から考えれば、「管理、経営する」という意味が一般的でしょう。上記の意味はそこからきているものと考えられます。

そのほか、よく使われるマネージャーは「部活のマネージャー」ではないでしょうか?これは大体、「運動部であればその競技には参加しないが、活動の補助や、記録、また選手の管理などをする人」といったような意味で使われることが多いと思います。

さて、僕の周辺でマネージャーといえば、芸能マネージャーのこともかんがえざるをえません。音楽活動の多くは、芸能活動となかなか切り離せないものなので(そのものだと考えるのも普通かもしれません)、音楽などのアーティストのマネージャーというのもひろく「芸能マネージャー」を意味するように思います。

で、この芸能マネージャーというのは例えばテレビでステレオタイプ的に描かれていたり、芸能人が話題にしたりすることで、かなり特定の印象がついているもののように思われます。

例えば、その芸能人の身の回りの世話をしたり、スケジュールを管理したりといったような。たぶん、そういうイメージがえがきやすかったんでしょう。まあたしかにそれもマネージャーの仕事の一部かもしれません。(かつてはこういった仕事は普通「付き人」といっていたようにも思います)

しかし、マネージャーの本当に重要な仕事は

「仕事をつくり、管理すること」

だと思ってます。

いわゆる仕事をとってくること、その仕事の金銭的な部分の交渉しコントロールすること、また企画立案をすること、です。

当たり前といえば当たり前なんですが、とかく芸能に近いところにいるとどうしてもマネージャーにはいわゆる付き人のイメージがついてしまうようです。

僕は身の回りのことやスケジュールの管理は自分でできるので

僕をつかって面白い企画を立案する人、僕をつかって仕事を生み出す人

を探しています。

僕のほうでももっているものはたくさんありますので、それも提供できるとは思います。

ではアイデアある方はぜひDMください。







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

ヤマモトショウ

作詞家です。音楽をつくります。#ロゴススタジオ で作詞について書いてます。「食べる毎日、毎日食べる」では一日一軒食べたお店を紹介します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。