フィロソフィーのダンスについて

みなさまへ、

私の活動についてお知らせいたします。

本日2020/6/30以前にリリースされた楽曲をもってフィロソフィーのダンスの制作一切について今後、私は関わらない旨をお伝えします。

これまでオーディションから関わりグループが発表した全ての曲、50曲近くの作詞をしてきているプロジェクトでしたので、今回簡単にですが報告をさせていただくことにしました。

これまで約5年、単に作詞家としてということに限らず、プロジェクトのメンバーとして例えるなら自分がこの5年間ひとつのバンドのメンバーとして取り組むように関わってきました。その中でむしろそのような強い関わりが故に思うところがあり、今年1月に辞意を申し出ました。その後、再度作品参加への依頼を受けましてが、1月時点での思いと変化はなく、辞めさせていただくことになりました。

もちろん作詞家として、あるいは音楽家としての仕事はこれからも続けていきますし、つくってきたものへの愛情や情熱もこれまでとかわるものではありません。そして、それ以外の大事なことはすべて、真に哲学をもって、歌詞としてかいてきたと言えると思っています。

フィロソフィーのダンスがこれからも新しいダンスを踊り続けること、多くの大変な局面を迎える世の中が少しでも良い方向に向かうことを願い、かつ自分自身もこれから先そのような未来になるよう行動していきたいと思っています。

ありがとうございました。

そして引き続きよろしくお願いします。


ヤマモトショウ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
106
作詞家です。作曲、アレンジなども結構します。音楽プロデューサでもあります。#ロゴススタジオ で作詞について書いてます。「#音楽ミステリー小説」も書きはじめました。よろしくお願いします。 ご連絡は info.apriorimusic@gmail.com にお願いします。
コメント (1)
宮野さんに続いてヤマモトさんもですか・・・
フィロのスのファンとしては少し寂しいですが、お疲れさまでした。今後、ますますのご活躍をお祈りいたします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。