新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

イベントを自粛・中止することについて


コロナウイルスによる影響、および自粛要請によって多くのイベントが自粛や中止になっています。

僕も、自身が開催するイベントが中止になったり、関係するイベントの開催の可否についての確認の連絡がかなりの数飛び交っています。
取り急ぎ、音楽業界などの自分周辺の現状についてまとめておきます。

ーーー
下記は僕が関わっているものを中心とした、国内での音楽系イベント中心の話ですのでそれを踏まえてお読み下さい。

2/25時点での政府発表や、その他報道を鑑みて、多くのイベントが中止や延期の措置をとっています。
まず、これに関してはほとんどの中止になったイベントは自粛要請を踏まえた上で「感染症の拡大を食い止める」という観点から決定しているように思われます。
これらが対策の必要十分条件かといえばそれはわかりませんが、少なくともそこに人が集まらなければそこが集団の感染源になることはない、ということは間違いないと思いますので、この判断に関しては理解いただきたいとともに、僕自身も尊重したく思っています。
(当然、規模の大小などによっては、そのような危険に当たらないと判断して開催するものもあるとは思いますし、それにはそれなりの妥当な判断があるとは思います)

延期ではなく、中止という判断をするイベントが多いことに関しては
現実的に音楽系イベントをおこなえる場所の確保に関して、ほとんどの中・大規模会場が一年以上前から日程を抑えていることが多い(一年先でないと抑えられないくらいに会場の日程があいていない)ということがポイントになると思います。
つまり、現時点では延期して開催をする、ということを断言することが難しいものがほとんどです。

また各所で言われているとおり、このような感染症でのイベント中止に関しては、保険等がおりないことがほとんどで、
特に1ヶ月以内などの直近のイベントであれば、キャンセルをするとしても会場費、運営費などに関しては予定していたものの全額を主催者(事務所、アーティスト本人、イベンターなど)が負うことになります。これは当然相当な(今後の活動が立ち行かなくなる可能性もある)コストになります。
チケット代は払い戻しになることがほとんどと思われますので、このような点からなかなか「中止」という判断に簡単には至れないことがあることもご理解いただけるかとは思います。

もちろん上記のようなリスクを負った上で業務を行うことはどのような仕事であってもかわらないことではありますが、
ある意味ではおこるかおこらないかわからない感染のリスク以上に、このように確実な経済的リスクにのほうに、重きが置かれてしまう場合がある、
という点はありえるように思います。

主にこのような点において、現在さまざまな中止の判断、あるいは規模や形をかえての開催の判断が多く出ていることと思います。

僕が運営しているものとしては

3/8かなまるワンマンライブ@渋谷duo music exchange
が中止という決定をいたしました。

500-700人規模の会場ですので、自粛要請に対してどのような判断をするのが妥当なのか、本当のところはわかりませんが、
上記を鑑みて中止としました。
これで3/8頃には実はライブはできるような良い状況になっていたら、ということも考えしまわなくはないですが、それはそれで多くの人にとっては喜ばしいことなので、実際にはそうなってほしいと願うばかりです。

また、こちらに関しては、
無観客でのライブ配信を無料で行うことにしました。これにはある意味で、僕らはキャンセル費以上の費用がかかる決定なのですが、
ここまで準備してきたライブを、どうにかしてみなさまにお見せしたいとは思っております。


また、これは後ほど改めてお願いすることになるとは思いますが、
この無観客ライブを、別途収録して映像化する予定ではありますので、
こちらをご購入(どのような形かはすぐに発表できるよう準備しています)いただくことで、ライブにお越しいただく予定だったみなさまや、それ以外にもかなまるを応援してくださるみなさまの
ご支援をいただけたら幸いです。

その他、僕としても主催者であると同時に、かなまるを応援する立場でもあるので、今後の活動につながるような支援をしたいと考えています。
ぜひこれを読んでくださった方にもご協力いただければと思うと同時に、

他にも同じような状況にあるアーティスト、あるいはアーティストなどに限らずとも、たくさんの問題がこれから起きてくるとも思います。
もちろん、彼ら自身から基本的には方針や状況の説明があるとは思いますので、そちらを待っていただきつつ、
ぜひ、ご自身のまわりや、ファンである人などへの、有形無形でのご支援・ご配慮いただければと思います。

また、皆さまも健康にお気をつけて過ごして下さい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

55
作詞家です。作曲、アレンジなども結構します。音楽プロデューサでもあります。#ロゴススタジオ で作詞について書いてます。