フィロソフィーのダンス「ネクスト・クリスマス」

フィロソフィーのダンスのワンマンライブツアー、そしてクリスマスも近づいてきたので、今年頭にクリスマスからもっとも離れた時期に配信リリースされた「ネクスト・クリスマス」についてかきたいと思います。タイトル通り、次のクリスマスをずっと待っていてくれた方、そして最近この曲を知ってくれた方、きっとこの12月のワンマンツアーではやるんだろうと楽しみにしてくれた方、ありがとうございます。

各種配信サイト、サブスクリプションサービスで聴けますので宜しくお願いします。


「ネクスト・クリスマス」
フィロソフィーのダンス
作詞:ヤマモトショウ 作曲:宮野弦士

この日は恋人といなきゃなんて
ねえ、あの名曲のせいかな
他もっと例えばパーティとか
もちろん一緒だっていいんだし

約束がなきゃいけないなんてね
そんな約束はないから

ネクスト・クリスマス
きょうはどうかあなたの幸せの公式がひとつ増えるように
ネクスト・クリスマス
恋を知ったふたりも知らないような特別な日に

この日は雪が降るのもいいな
ねえ、また絵本のみすぎかも
「大人になればわかる」ってことも
やっぱりまだ何もないけど
 
サンタクロースいるかいないかよりも
なれるかどうかを話したり

ネクスト・クリスマス
いつのまにか決まった幸せのルールより次にいけるように
ネクスト・クリスマス
恋をしたり恋かもしらないような時間もいいね

クリスマスにあいにきて
みんなここにいる
来年はどうなんて不安にもならない
そんな関係でしょ

あといくつ眠れば、少し先の幸せ待っているのかな
ネクスト・クリスマス
きょうはどうかあなたの幸せの公式がひとつ増えるように
ネクスト・クリスマス
恋を知ったふたりも
知らないようななにか
いけないようなどこか
今度のクリスマスにね


クリスマスソングには名曲がたくさんあります。僕自身も大好きな名曲たち。でも、その名曲たちの存在がもしかしたらほんの少し、我々が「過ごすべき」クリスマスを決めてしまっているのかもしれません。だから、例えばアイドルが好きな人も、ひとりで過ごす人も、もちろん恋人や家族と過ごす人もそれぞれの「新しい」クリスマスを考えてみませんか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11

ヤマモトショウ

作詞家です。音楽をつくります。#ロゴススタジオ で作詞について書いてます。「食べる毎日、毎日食べる」では一日一軒食べたお店を紹介します。

ヤマモトショウworks

ヤマモトショウが作詞、作曲、編曲などで関わった楽曲についての記事をまとめます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。